株式情報

株主優待情報FAQ

優待割引券について

質問
子供のカウント方法はどのようなルールですか? New
回答

<~2017/3/31>
年齢に関係なく、食事メニュー(幼児メニュー・ビュッフェ(幼児)含む)を召し上がられていれば人数にカウント致します。

<2017/4/1~変更>
年齢に関係なく、食事メニュー(幼児メニュー・ビュッフェ(幼児)含む)を召し上がられていれば人数にカウント致します。
但し、割引率が低下する場合には、お子様(小学生以下)の人数およびその飲食代金を割引適用外にできます。

質問
7名(大人5名小学生2名)で優待券1枚を使用する際の割引率は何%ですか? New
回答

<~2017/3/31>
7名様で5割引券を1枚ご利用の場合は36%、3割引券を1枚ご利用の場合は22%を割引させて頂きます(割引率一覧はこちら)。 お子様も人数に含まれ、その人数に応じた割引率を適用致します。

<2017/4/1~変更>
お子様(小学生以下)を含まず、大人5名分のご飲食代金に対する割引適用といたしますので、券面通り50%もしくは30%の割引率となります。

質問
なぜ、割引率が下がる場合に子供のカウント方法を変更したのか? New
回答
以前のルールでは、子供を含む特定の利用ケースにおいては、全体の割引率が低下することで、「大人だけに適用する場合と比較して、全体の割引効果が大きく劣る結果となる」 場合があり、そういうケースにおいては、「明らかに単価の違う子供は除外し、大人に対してのみ割引対応をしてほしい」とのご要望を頂いておりました。
当社としても、利用シーンを問わず、お客様にとってより納得感のある制度運用としたいと考え、2017/4/1より、一部ルールの変更をいたしました。
質問
ゴルフ場では使えますか?
回答
ご利用頂く事は出来ません。
質問
(10名での利用時など)3割引券と5割引券は併用できますか?
回答
併用できません。但し割引率が同じ券であれば複数枚同時にご利用いただけます。(5割引券2枚や、3割引券2枚など)
質問
ドリンクなどの持ち込み料は使えますか?
回答
持ち込み料の割引には、お使い頂けません。
質問
株主優待券をレストランに持って行くのを忘れたが、割引できますか?
回答
株主優待券は飲食時にお持ち頂く事が前提となっておりますので、割引は致しかねます。
質問
「ホテルトラスティ」での割引は1泊5ルームまでとなっているが、1ルームで5泊の割引も可能ですか?
回答
ルーム数によらず(5ルームまで)、1泊分のみの割引となります。
質問
「ホテルトラスティ」の宿泊プランで使えますか?
回答
「プラン」についてはご利用頂けません。
質問
「楽天」など他社の宿泊サイトで「ホテルトラスティ」を予約する時は優待券が使えますか?
回答
ご利用頂けません。
定価の宿泊料金より株主優待券にて割引させて頂きます。
質問
「ホテルトラスティ」の宿泊で10日期限の優待券は、10日にチェックインすれば、連泊の場合11日分や12日分にも利用可能ですか?
回答
トラスティ宿泊割引については、10日分の宿泊までを対象とさせて頂きます。
(10日チェックイン12日チェックアウトの場合、10日宿泊分のみ適用致します。)
質問
株主優待券の期限を延長できますか?
回答
期限の延長は致しておりません。

長期保有制度について

質問
長期保有期間の最初の基準日(起算日)は2016年3月とのことですが、それ以前に1,000株を保有していた期間はカウントされないのですか?
回答
本制度の発表後に、最初の基準日(起算日)を設定させていただくことで、公平性を保ちたいという趣旨より、このような形にさせていただきました。
(過去に保有いただいた期間がプラスに働かない点につきましては申し訳ございませんが、公平性の観点より、ご理解いただけましたらと存じます。)
質問
株主番号の変更により該当しなくなる場合には、どういうものがありますか?
回答
相続、再編、取扱証券会社の変更、全株式を一旦売却しまた購入するなどにより、株主番号が変更になった場合には、変更後の株主番号での保有期間にて判定されますのでご注意ください。
質問
長期保有についての優待券は、いつ、どのような方法で送付されるのですか?
回答
通常の優待と同様に、3月末の基準日となっております。対象の方には、6月末頃に株式関係書類に同封させていただく通常の株主優待券に、長期保有分として1枚追加して送付させていただきます。
質問
長期保有制度の対象となる株数を、1,000株(10単元)以上としたのはなぜですか?
回答
当社は株主様に対して、より長期に安定して当社の株式を保有いただきたいと考えております。 この度、「3年間」、且つ「1,000株以上」という基準をそれぞれ設けさせて頂くことで、より長く保有いただくと同時に、一定株数以上保有していただいた方への還元を促進したいと考え、このような制度にいたました。
質問
長期保有の期間と株式数は、何をもとに判定されるのですか?
回答
9月末、3月末の株主名簿にそれぞれ記載される、「株主番号」をもとに期間が判定されます。9月末、3月末の名簿でそれぞれ「同一の株主番号」で「1,000株」以上お持ちである方が対象となります。株主番号が変更になった場合には、変更後からの期間で判定されますので、ご注意ください。
質問
9月末時点で3年が経過していたとしても、3月末まで保有していないと対象にならないのですか?
回答
当社の株主優待制度はもともと年1回、3月末を基準日としているため、3月末時点で1,000株を 保有いただいていることを条件とさせていただきました。

上限設定に関して

質問
なぜ割引適用金額に上限設定をするのですか?
回答
当社は、株主の皆様に当社の事業やサービスをよりご理解いただくことを目的として、株主優待制度を実施しております。
この度、上限を設けさせていただくことで、より株主皆様に公平にご利用いただける制度とし、今後も、配当などより魅力的な還元方法の充実を図っていきたいと考えております。
現状、レストラン等でご提供しております高額な飲料等につきましては、一部今回設定させていただいた上限を超える金額となることがございますが、上記趣旨より、上限を超える部分は対象外とさせていただくことといたしました。
質問
なぜ25万円が適用額の上限なのですか?
回答
ご提供しておりますメニューの価格と、お客様のご利用状況より総合的に勘案いたしました。
当社のレストランで提供しておりますご夕食の価格帯は8千円~3万円程度のものを中心としております。飲料を含めましてもお一人5万円までのご利用で、十分に当社のお料理を召し上がっていただくことができると考え、5名分の25万円までのご利用を上限といたしました。
質問
適用額の上限が25万円とのことですが、割引額としては、その5割12.5万円や3割7.5万円が上限ということですか?
回答
左様でございます。「適用額」とは割引前のご利用金額を指します。
割引額の計算例については、こちらをご覧ください。
質問
5名以下での利用でも、一度に2枚使えば適用額の上限が50万円になりますか?
(上限を上げるためだけの複数枚利用ができますか?)
回答
従来より1枚で5名分までを券面記載の割引率で割引させて頂いており、基本的に5名様までのご利用であれば、1枚でのご利用となります。
但し、券裏面に記載の通り、2グループ以上に分かれてご利用、精算いただく場合においては、それぞれのグループで1枚ずつのご利用が可能です。
ページトップへ戻る